処分に掛かる料金と時間を比較

「売れる」までに掛かる時間は?

まずはリサイクルショップやオークションサイトを利用した場合から見ていきましょう。
リサイクルショップは、お店側で売れる商品か売れない商品かをまずは査定します。
売れる商品であれば買取ってくれますので、こちらで負担する金額はありません。
直接ショップへ持ち込むか、自宅まで取りに来てくれる業者もいますので、最低でも一日あれば作業は終了するでしょう。
時間が多く掛かる可能性が高いのはオークションサイトを利用した場合です。
誰でも利用はできますが、必ずしも売れるとは限りません。
あまりにも見た目が悪い商品であれば買い手が付かないでしょうし、新品同様でデザインも新しいものなどであれば即売れてしまうこともあります。
オークションなので希望金額より上回って売れることもありますし、逆に希望金額に満たないこともあります。
時間についても読めないところがあるので、オークションの場合は早めの準備が必要になるでしょう。

ゴミとして処分するまで

自治体や専門業者へ処分を依頼する場合を見てみましょう。
まずは自治体で行っている粗大ゴミ回収センターへ依頼する場合です。こちらはまず自治体へ予約の電話をするところから始まります。処分したいものの大きさや重さ、都合の良い日時などを伝え回収してくれる日を予約します。後は指定された金融機関やコンビニ等で料金を支払い、あとは回収されるのを待つだけです。粗大ゴミの回収は曜日などで決められていることが多いので、それに合わせて予約すると時間短縮にもなるでしょう。
業者で行っている回収は予約こそ必要ですが、自治体に比べると割とお客側の都合で動いてくれるので楽な点は多いと思います。例えば、自治体は家の外に不用品を運んでおかなくてはいけませんが、業者の場合は自宅の中まで取りに来てくれることがほとんどです。ですが、自治体に比べると料金は割増になっています。


▲ TOPへ戻る