引越しが決まったら何事も計画的に進めよう

まずは売ってみよう

長く使ってきたとは言え、今までの家具や家電には愛着もあるでしょうし、ただ捨ててしまうにはもったいない、と感じる方もいるでしょう。
出来ることなら少しでもお金になった方が引越し費用にまかなえたりもします。
そこでおすすめなのが、リサイクルショップやオークションサイトへ売りに出すことです。
リサイクルショップとオークションサイトの違いを簡単に説明しましょう。
リサイクルショップとは、今までどこかの家庭で使われていたものや未使用のものも含めて、比較的新品よりも低価格で売られているお店です。
買取ってもらう場合はお店が値段を査定してくれます。
オークションサイトは自分でネットなどに商品を掲載して売り込む方法です。
ある程度自分で値段を設定することもできますが、買い手が付かなければいつまでも売れませんので値段設定が以外に難しいところもあります。

専門業者に処分してもらおう

リサイクルショップもオークションサイトも、お金になるのは「売れる」レベルの家具家電になります。
長い年月使用し続けて、明らかに見た目も古くさく汚いもの、傷などが大量に付いているものなどはショップへ持ち込んでも返されてしまうだけかもしれません。
そんな家具家電であればゴミとして処分してもらうしかないでしょう。
一般的なのは、自治体へ依頼する方法です。
家の前など、指定された日付と場所に粗大ゴミ回収センターの方が直接出向いて回収してくれます。
家具の大きさなどによって回収金額が決められており、事前予約が必要です。
もう一つは、自治体とは別に不用品回収をしている専門業者がいるので、そちらに依頼する方法もあります。
リサイクルショップなどで不用品回収業務を請け負っていることもあります。こちらの回収金額は業者が査定して決めています。


▲ TOPへ戻る