引越し作業の計画表を作ろう

引っ越しが決まったらまずはメモ

引越しすることが決まったら、だいたい何日くらい前から作業に入るのがベストなのでしょうか。
一般的には2カ月くらい前、遅くとも1ヶ月前には様々な手続き、作業に取り掛かった方が良いと言われています。
引越しと言っても、ただ物を運ぶだけではなく公共料金などのライフラインの切り替え作業など、以外とやるべきことが多いのです。引越し先が決まったら、まずは引越し当日までにやるべきことを紙に書き出してみましょう。
引越し業者選び、公共料金の切り替え手続き、インターネットや電話回線の切り替え手続き、不要となった家具家電の処分方法、荷造りなどです。
引越し業者選びは一番最初に決めておいた方がいいでしょう。料金にかなりの差がありますし、サービス内容も違います。
少し時間に余裕を持ってじっくり選びましょう。

計画表を見ながら作業開始

計画表が出来上がったら作業開始です。
まずは引越し業者を選びます。
業者が決まり申込も終了すると業者から荷造り用のダンボールがもらえます。
あまり使わないものから徐々に荷造りも始めていきましょう。
その作業の中で、もう使わない物や買い換えるべき物も見えてくると思います。
また、公共料金の切り替え手続き等も忘れてはいけません。
今は電話だけでなくインターネットで手続きできる場合もあります。
あまり早すぎても受付期間外である場合もあるので注意しましょう。
やはり一番時間が掛かるのは荷造りだと思います。
荷造りしながら必要な物と不要な桃を識別しておき、不用品の処分のことも念頭に入れておきましょう。
作業が終わったものを計画表から消し込んでいけばどこまで進んだかも分かりやすくなりますし、余裕を持って作業を続けることができるでしょう。


▲ TOPへ戻る